So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows7のサービスパックがついに提供開始

マイクロソフト社のパソコン用OS「Windows7」が発売されて

1年以上がたちますが、これまでの不具合や修正箇所をまとめた

サービスパックがついに提供されることになりました。



マイクロソフト社は2月22日から「Windows 7 Service Pack 1

(SP1)」の一般提供をすでにスタートしており、

Windows Updateを通じたアップデートのロールアウトが

始まっています。またMicrosoft Download Centerから

DVDイメージやインストーラファイルなどをダウンロード

することもできるようです。



発売からここまで、Windows 7ユーザーに提供してきた

アップデートやセキュリティ修正プログラムをまとめて

一括してアップデートできるのであれば、これからWindows7の

購入を検討している人たちの背中を押すことにもなるでしょう。

大きな新機能追加は一切無いようですが、Windows7でこれまで

発生したトラブルはほとんど防げるようになるはずです。



SP1をインストールする際には、Windows Update経由で

750MB(32bit)/ 1050MB (64bit)、ダウンロード版の場合は

4.1GB (32bit)/ 7.4GB (64bit)の空きディスクスペースが

必要となります。また、プレリリース版のSP1をすでに

インストールしている場合は、最終版をインストールする前に

削除しておく必要があります。



WindowsOSは製品がリリースされるたびに何かしらユーザーから

不平や不満が出てきますが、圧倒的なシェアを誇り、さらに

そのシェアを維持し続けています。リナックスなどのシェアが

劇的に伸びていかないのも、それだけユーザーがWindowsを

使いやすいと感じているからなのかもしれません。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



出版するメリット


出版 チャンス


出版の喜び


編プロ ビジネス書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。