So-net無料ブログ作成
検索選択

SkypeやPHS、大災害を経て再評価

災害時の緊急連絡手段として、携帯電話スマートフォンは

いまや個人レベルで必携と言えるアイテムとなりましたが、

東日本大震災発生時は、通信を確保するはずの基地局がほとんど

不通状態となり、災害時の対策が改めて課題として指摘

されました。しかし、そんな災害時でもスカイプやPHSは

驚くほど通信が可能であったため、改めて災害時の緊急用

インフラとして見直されつつあるようです。



携帯電話の通信システムとしてはいまや傍流となり、あまり

注目される機会もなくなってしまったPHSですが、通常の電話回線

とは違う通話方式は、多くの専門家が災害時に非常に有効と

太鼓判を押しています。



通常の携帯電話通信は、1つの基地局が広範なエリアをカバー

するため、通話が集中すると一気に回線がパンクして

しまいます。これを回避するため、交換システムがダウン

しないように通話規制がかけられ、結局通話がつながらない

状態に陥ってしまうのです。



しかしPHSは、数十〜数百メートル間隔で基地局がきめ細かく

設置されているため、通話規制をかけなくても負荷が分散され

通話を確保しやすいようです。



現在、日本で唯一PHSを取り扱っている「ウィルコム」によれば、

これまで災害時に通話規制をかけたことは一度もないそうです。

もっとも、PHSの基地局も、地震や津波で直接的な機能障害が

発生すれば通信は不可能になりますが、PHSの基地局は、一つが

災害で不通になっても、近隣の基地局が自動的にカバーする

仕組みになっているそうで、この強みも今回の大震災で

発揮された形になりました。



また、「禁断のアプリ」としてもてはやされたスカイプも、

インターネットさえ通じれば通信可能という強みを持って

います。相手もスカイプユーザーである必要があるという

条件がつきますが、今回の震災時でも、インターネットに接続

できたスマートフォンでは、スカイプが大きく活躍した様です。





【関連ニュース

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



出版企画書 書き方


売り込み 出版


ブログ 出版


書籍 企画書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。