So-net無料ブログ作成
検索選択

マイクロソフトがスカイプを買収

IT関連企業の買収や合併は、ここ数年頻繁におこなわれ、まさに

活気のある業界で企業同士が覇権を争っているイメージが強い

ですが、ついにマイクロソフトもスカイプの買収に踏み切り、

携帯電話分野で出遅れた分を一気に取り返したい意気込みが

伺えます。



この買収は85億ドルで成立し、スカイプはマイクロソフトの

一事業部として存続します。また、現在のスカイプCEOの

トニー・ベイツ氏は、そのままスカイプ部門のプレジデント

になることが決定しています。マイクロソフトが手に入れた

スカイプの技術は、Xbox、Xbox Live、Kinect、Windows Phone

などの製品のほか、ビジネス向けのLync、メッセージ関連の

アウトルックやHotmailなどをサポートすることが明らかに

されました。



買収が成立した時点で、スカイプはWindows以外のクライアント

に対してサポートをおこなっていましたが、このサポートは

今後も継続される見通しだそうで、すでにスカイプを使っている

ユーザーがいきなり無料で利用できなくなるといった自体は

避けられそうです。



マイクロソフトはさらに、Kinectとスカイプの融合についても

言及しました。この二つのサービスの融合によって、家庭用の

ビデオ会議システムのようなサービスが「非常に安価に

実現できる」と自信をのぞかせています。



Microsoftが用意した買収額の85億ドルは、海外に保有して

あった現金で、これはSkypeがルクセンブルクに本社を持つ会社

であることが関係しているといいます。そして今年度末までに

必要な規制当局の認可を得て、実質的な買収が成立する見通しと

なっています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



出版セミナー


出版仲介


商業出版の方法


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。