So-net無料ブログ作成
検索選択

香川選手の得点が勝利に結びつかず

欧州サッカーの最高峰として人気が高いヨーロッパリーグですが

いよいよ最終節に進みクライマックスを迎えようとしています。

そんな中、サッカー日本代表の香川選手が所属するドルトムント

も決勝進出をかけてセビージャと対戦しました。



ドルトムントの決勝進出にはアウェーでの勝利が絶対条件でした

が、セビージャとの試合は2対2の引き分けで、グループリーグ

敗退が決定してしまいました。



試合開始直後にはいきなり香川が活躍しました。左サイドからの

クロスボールがニアでDFに跳ね返されると、こぼれ球を拾った

香川がエリア手前から右足のミドルシュート、これが決まって

ドルトムントが先制しました。しかし、その後はホームの

セビージャが試合を有利に進め、前半終了後の49分には

セットプレーで失点し2対2の同点に追いつかれていしまいます。

勝ち点3が決勝進出への絶対条件だったドルトムントですが、

最後まで得点できず、失点もなく、結局引分けに終わって

います。



グループKの順位は、すでにリヴァプールの首位と

ユトレヒトの敗退が決まった状態で最終節を迎えています。

2位通過を争うナポリ対ステアウア・ブカレスト戦は

1−0でナポリが勝利してグループ突破、ほかに

リヴァプール対ユトレヒトの一戦は、0−0のスコアレス

ドローに終わりました。



ポルトの首位、ベジクタシュの2位が前節で確定している

ループLは、前節から順位の変動がなく、3位CSKA

ソフィア、4位ラピド・ウィーンと落ち着いています。



香川選手を筆頭に、これだけ外国のクラブに所属している

日本人選手が活躍を見せてくれると、もうすぐ開幕する

アジアカップのベストメンバーが気になってしかたが

ありません。どんなメンバーが組まれるのか、

今から本当に楽しみです。





【関連ニュース

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


----------PR----------



著者の主観


自動売買 儲け


出版企画書書き方事例


ベストセラー作家になれる


アメブロ 出版


ブロガー 出版


ミクシィが迷走中

ユーザーからの猛反発を受け、あっという間に停止措置が

取られていたミクシのアクティビティ機能ですが、早くも再開

されるとのことです。



再開の予定は12月13日で、年明けを待つことなくリリース

されます。今回はユーザーからの批判が集中した機能に

オン・オフを選べる機能が付加され、ユーザー自身で

選べるようになったとのことです。



ミクシィ内で、「友人の最近の動き」と呼ばれるアクティビティ

を、オンとオフを選べるようにした上で再開される告知があり、

設定ページも9日に公開されました。これによって事前に

オン・オフを設定できます。



問題となっているのはミクシィユーザーがマイミクシィ

(マイミク)を追加したり、コミュニティに参加すると、

その動きをほかのマイミクに自動で通知する機能ですが、

mixi内の設定ページで機能をオフにすると、自分の

アクティビティがマイミクに筒抜けになることを防げるほか、

マイミクのアクティビティも見られなくなります。



ただ、この設定は初期状態ではオンになっており、何も知らない

新規ユーザーや、変更に気付かなかったユーザーなどは

初期状態、すなわち情報が筒抜けのままミクシィを使い続ける

ことになります。



ミクシィはこの間も「メールアドレスで友人を検索する機能」を

発表しましたが、これもユーザーの猛反発を食らって機能を

凍結してしまいました。



この「アクティビティ機能」にかんしては、ミクシィは

「変更の予定はない」と回答していましたが、

ユーザーがアクティビティ機能実装に反対するコミュニティー

まで立ち上げ、猛烈な反発をみせています。



世界規模で広がりを見せるFacebookは、情報公開が大前提と

なっていますが、どうやらミクシィは、Facebookとは

まったく違う属性のユーザーを抱え込んでいるようです。





【関連ニュース

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


ライブドアニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



本のタイトル


構成案 本


企画書テンプレート


出版企画セミナー


サッカーW杯開催国が決定

チューリッヒで開かれた国際サッカー連盟(FIFA)の

理事会で、2018年と2022年のサッカーワールドカップ

開催国が、それぞれロシア、カタールと正式に決定しました。



日本もワールドカップの招致については、積極的に活動を

続けてきました。とくに2022年の開催国として名乗りを

挙げ続けてきましたが、残念ながら日本は落選して

しまいました。以前に単独開催を韓国の横やりで逃して

いるだけに日本招致委員会の落胆は大きいようです。



落選ノ報道には、FIFA理事として投票にも参加していた

日本招致委員会の小倉純二委員長(日本協会会長)も

がっくりきたようで、「残念ながら負けでしたね。

2018年のロシアと22年のカタールにはお祝い

言いたい。よく頑張ってホストを獲得した」とコメント

しています。



毎回、ワールドカップの招致合戦は激烈なものになりますが、

今回、少なくとも日本は韓国よりも得票が期待されていました。

しかし2回目の投票で落選してしまったようです。

02年の日韓共催以来、わずか8年しかたっていないこともあり、

「トゥースーン(間隔が短い)を崩すことはできなかった」と

小倉委員長が敗因を分析しています。



最終招致演説が12月の1日におこなわれましたが、各国とも

元首クラスの要人や元代表選手を起用して演説をおこなって

いましたが、日本の演説は有名人を起用しませんでした。

このインパクト不足も日本の敗退に繋がったようです。



日本は8歳の子役タレント、佐々木りおさんを起用し、

「2022年に日本で大勢の友達を世界中につくりたい。

私の夢をかなえてください」とアピールしましたが、

投票権を持つ理事たちに票を投じさせることは出来なかった

ようです。





【関連ニュース

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


----------タグなし記事終わり----------



----------タグあり記事始まり----------


[タイトル案]横浜Mマリノス、選手を大量解雇



○○に住むマリノスファンも、生え抜き選手の解雇に不満そうです。



サッカーJリーグの名門チームとして、輝かしい歴史を誇る

横浜Mマリノスですが、11月30日に大量の解雇を発表し、

チーム内外に大きな波紋を呼んでいます。



今回発表された大量解雇は、元日本代表DF松田直樹らを中心に

5人のベテラン、中堅選手が解雇されるというものです。

横浜Mマリノスが今季の成績を振り返り、来季への展望を

見据えてチームを調整した結果なのでしょうが、大量の解雇に

ついては、残留が決まっているベテラン選手、さらにサポーター

の間でも色々な意見が飛び交っています。



日本代表DFの中沢佑二選手は、退団が決まった仲間たちへの

思いを語る一方で、世代交代を理由に大胆な編成をおこなった

人事に疑問を示しており、「(解雇)通告を受けた人たちが

引っ張ってくれた一年だった。彼らがいなかったら大変だったし

チームを支えてくれて感謝している」とコメントし、

「(彼らが)まだまだいい仕事ができることを見せつけて

くれた一年。世代交代という言葉だけで取っ払われるのは

どうか」と、落胆しながらコメントを結んでいます。



誰もがチームの主力と認める松田選手、河合選手、坂田選手、

山瀬選手、清水選手の5人を解雇したMマリノスですが、

代わりとなる選手の確保にはまったく手をつけていません。



嘉悦社長は「来季は本当に優勝を狙えるチームに成長させる」と

不退転の覚悟を宣言しており、その覚悟の意味について4日の

ホーム最終戦でファンに向けて直接説明する予定だそうですが、

果たして社長の真意はサポーターたちに届くのでしょうか。

残酷な解雇を断行したMマリノスは、戦力の補強よりも

サポーターと所属選手からの信頼を取り戻すことに

苦労しそうです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


----------PR----------



出版企画書の文章


企画意図 例


実際に出版できた出版企画書サンプル


ベストセラーを生み出す



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。