So-net無料ブログ作成

Windows7のサービスパックがついに提供開始

マイクロソフト社のパソコン用OS「Windows7」が発売されて

1年以上がたちますが、これまでの不具合や修正箇所をまとめた

サービスパックがついに提供されることになりました。



マイクロソフト社は2月22日から「Windows 7 Service Pack 1

(SP1)」の一般提供をすでにスタートしており、

Windows Updateを通じたアップデートのロールアウトが

始まっています。またMicrosoft Download Centerから

DVDイメージやインストーラファイルなどをダウンロード

することもできるようです。



発売からここまで、Windows 7ユーザーに提供してきた

アップデートやセキュリティ修正プログラムをまとめて

一括してアップデートできるのであれば、これからWindows7の

購入を検討している人たちの背中を押すことにもなるでしょう。

大きな新機能追加は一切無いようですが、Windows7でこれまで

発生したトラブルはほとんど防げるようになるはずです。



SP1をインストールする際には、Windows Update経由で

750MB(32bit)/ 1050MB (64bit)、ダウンロード版の場合は

4.1GB (32bit)/ 7.4GB (64bit)の空きディスクスペースが

必要となります。また、プレリリース版のSP1をすでに

インストールしている場合は、最終版をインストールする前に

削除しておく必要があります。



WindowsOSは製品がリリースされるたびに何かしらユーザーから

不平や不満が出てきますが、圧倒的なシェアを誇り、さらに

そのシェアを維持し続けています。リナックスなどのシェアが

劇的に伸びていかないのも、それだけユーザーがWindowsを

使いやすいと感じているからなのかもしれません。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



出版するメリット


出版 チャンス


出版の喜び


編プロ ビジネス書


鈴木保奈美が11年ぶりに映画出演

トレンディドラマへの出演をきっかけに女優としてブレイクした

往年の人気女優、鈴木保奈美が映画出演することになりました。

結婚後は芸能界から遠ざかっていた鈴木保奈美は、今年のNHK

大河ドラマ「江(ごう)〜姫たちの戦国」にも出演して

話題となりましたが、映画への出演となると2000年に

公開された「いちげんさん」以来、11年ぶりの映画出演と

なります。



鈴木保奈美が出演する映画は、「のぼうの城」で、和田竜の

デビュー作として大ブレイクしました。もともと映画化を

見こして作られた作品だけに興行成功への期待も大きい作品で、

鈴木保奈美の出演と共に大きな注目を集めています。



鈴木保奈美は原作の小説「のぼうの城」読了しているそうで、

他の歴史小説とは一線を画したオリジナルな世界観に共感し、

同作への出演オファーがあった際にはすぐに快諾したそうです。

女優復帰のきっかけとなった放送中のNHK大河ドラマ

「江(ごう)〜姫たちの戦国」では、織田信長の妹「市」役

出演していますが、「のぼうの城」の舞台も同じ戦国時代で、

生い立ちや境遇は異なるものの、同時代に生きた2人の

“強い母”を演じることになります。



昨年の秋におこなわれた撮影では、まゆ毛を消した特殊メークに

初挑戦し、美しく威厳のある役を圧倒的な存在感で演じ切った

という評判です。犬童・樋口両監督は「現代とかけ離れた時代の

女性をリアルに体現できる気品を持ち合わせている」と

鈴木さんの演技を絶賛しています。



原作の「のぼうの城」は、上下巻で累計117万部を突破しており、

2008年には「ビッグコミックスピリッツ」で、

漫画家・花咲アキラの作画でマンガ化もされています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


シネマトゥデイニュースURL


----------PR----------



出版企画書 書き方


出版 メリット


出版 実現


編プロ 千代田区


「XPERIA PLAY」がついに正式発表

ソニー・エリクソンがアメリカのスーパーボウルのCMで

大々的に実機の画像を公開したスマートフォン型ゲーム機

「XPERIA PLAY」ですが、予告どおり、2月の13日に正式に

発表されました。



正式発表された新機種は、スマートフォンとして発表

されましたが、同時に家庭用ゲーム機でもあるという高機能な

モバイル端末となっています。家庭用ゲーム機として

人気があるプレイステーションのソフトを楽しめるのが最大の

特徴となっています。さらにインターネットに常時接続

することで、対戦型ゲームなどの楽しみ方もいろいろと

広がりそうで、ゲームが大好きなユーザーには放っておけない

スマートフォンとなりそうです。



ソニー・エリクソンが「XPERIA PLAY」を発表したのと同時に、

韓国のサムスン電子もスマートフォンの新製品を同日発表して

いますが、これはスペインのバルセロナで14日から開催となる

携帯電話見本市を意識したもので、いずれもスマートフォンの

市場で大きく先行したアップルのアイフォンを意識した

動きと見られています。



ソニー・エリクソンの「XPERIA PLAY」は、グーグルが提供する

無料の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の最新版を搭載

していることでも話題になり、ディスプレーの下側部分を

スライドさせると、ゲーム機のコントローラーのような

方向キーやボタンが出てきます。ソフトはインターネット経由で

購入することになりますが、日本での発売時期はまだ

明らかにされていません。3月に全米で発売される結果によって

日本での販売戦略も大きく変わってきそうです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



出版企画 考え方


出版企画書 書き方


出版ネタ


編プロ 東京


フェイスブックの実名交流は日本で定着するのか

世界中でアクティブユーザー数が5億人とも言われている、

世界最大のソーシャルネットワーキングサービスの

Facebookは、いまや巨大なインフラといえるほどにまで発展し、

すでに多くの人々がなくてはならないものだと感じて

いるようです。つい先日も、エジプトやチュニジアなどで

反政府デモが権力を転覆させるために使われ、人と人との

コミュニケーションを大きく促進させる威力をまざまざと

見せつけました。



これほど世界中でユーザー数が増えているFacebookですが、

なぜか日本ではユーザー数が伸びません。日本において常に

比較されるミクシィはアクティブユーザーが約1500万人、

対するFacebookはまだ150〜200万人。おそらく10分の1程度では

無いでしょうか。



日本でFacebookのネットワークが広がらない最大の理由は、

実名登録にあると言われています。日本のインターネットは、

長い間仮名や偽名、ハンドルネームなどが当たり前のように

使われ、リアル社会とネット社会の間に明確な一線が引かれる

時代が長く続いています。ネットの世界に現実を持ちこむのに

拒絶反応を起こす人が、まだまだ沢山いる、ということでは

ないのでしょうか。



さらにFacebook内で「友達」を作ると、その友達には自分の

行動が筒抜けになってしまいます。「いいね!」をクリックした

とか、誰と友達になったとか、相手に自分の個人プロフィール

ページのウォールを覗かれたらすべて見透かされて

しまうのです。



やましいことが無ければ、何一つ引け目に感じることも

後ろめたく感じる必要もないのですが、このあたりに

日本でFacebookが普及しない大きな原因があると考える

人は多いようです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



出版 戦略


出版企画 構成案


商業出版塾


編集プロダクション ビジネス書


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。