So-net無料ブログ作成

秋葉原の無差別通り魔事件が映画化

2008年6月、無差別殺人事件で秋葉原を震撼させた通り魔事件が

映画化されることになりました。



この映画のタイトルは「RIVER」に決定しており、映画「余命

1カ月の花嫁」などの作品で知られる廣木隆一監督です。

すでに撮影などが進行しているようで、来年の3月に全国公開

される予定となっています。



メガホンをとることになった廣木隆一監督は真摯に映画と

向き合って撮影をすすめ、撮影期間中に脚本を変更し、

東日本大震災で被災した地域も撮影場所として追加した

などというエピソードがすでに紹介されているようです。



2008年6月に発生した秋葉原通り魔事件は、全国的に報道され

「秋葉原無差別殺傷事件」として注目を浴びました。この事件の

おかげで秋葉原の歩行者天国はすべて中止となり、復活までに

長らく時間がかかったことは記憶に新しい出来事です。



この映画の主役を務めるのは、映画『転校生 −さよなら

あなた−』で主役を演じた蓮佛美沙子です。実際の

事件では、加藤智大という男性が犯人でしたが、この映画は

犯人を主人公に据えるのではなく、被害者の視点で事件を

見つめ直すという構成のようです。



また、被害者の遺族の感情や、社会に与える影響を

考えれば、犯人を主人公とした映画作りはまず考えられず、

こうした視点で事件をモチーフにすることになったのだと

考えられます。



ショッキングな事件を映像化しただけではない、奥行きのある

物語が繰り広げられ、見応えのある映画になっているようです。

また、事件の記憶を風化させず、社会問題としてふたたび

事件が取り上げられることは有意義なことだと思います。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ロケットニュース_URL


シネマトゥデイニュースURL


----------PR----------



免疫 仕組み 自己免疫疾患 アレルギー 1型糖尿病、関節リウマチ


ピグ アメゴールド 操作 裏技 隠しコマンド ゲーム 口コミ


ブルーレイ CD DVD 地デジ コピー 口コミ お得 裏技


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。