So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ソフトバンクホークスが日本一

11月20日にプロ野球日本シリーズ第7戦が行われ、パリーグの

覇者であるソフトバンクホークスが4勝目を上げて優勝を

果たしました。



日本シリーズ第7戦は福岡のヤフードームで行われ、

ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを3対0で破りました。

ソフトバンクは2003年以来の日本一に輝いています。



第7戦は3回にソフトバンクが押し出しで1点先制し、4回には

山崎勝己がライト前タイムリーヒットで2点目、さらに7回には

内川聖一がタイムリーヒットで3点目を上げてゲームを

決めました。中日はシリーズ中から指摘されていた得点力不足に

最後まで悩まされ、7戦目は0点に抑えられてしまいました。

中日は日本シリーズで3勝を上げていますが、どれも1点差の

きわどいゲームで、落合監督の采配が光った試合ばかりだった

のも印象的です。



優勝を決めた秋山監督は「正直言って疲れました。本当に

長いシーズンを戦いました。最後も第7戦までもつれて、

中日の粘りと我々の力がきん差で、1試合1試合がどっちに

転んでもいいような試合が続いたので選手も疲れたと

思いますけど、最後まで頑張ってくれました」とコメントし、

選手の健闘をたたえています。



また、おしくも敗れた中日の落合監督は「残念だが、

悔いはない。この状況であいつらがここまで連れてきて

くれた。大したもんだ。オレはいなくなるけど、これまで

やってきたことを生かしてやってくれればいい。これからは

外から楽しませてもらう。いい8年間だったと思う」と

こちらもやはり選手の健闘をたたえています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ロケットニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


秒刊SUNDAY_URL


----------PR----------



iPad2 QRコード アプリ お得 便利 口コミ 裏技


Excel 統計学 方法 計算 住宅ローン statistics


リッピング 地デジコピー 動画コピー ゲームコピー ROM エミュレーター


富士通でスパコンの製品化が進行中

今年の6月に世界最速を記録した国産のスーパーコンピューター

「京」の技術を移植した市販タイプのスーパーコンピューターが

いよいよ製品化され、年明けの1月にも販売がスタートする

ことが明らかになりました。



スーパーコンピューター「京」の開発に携わった富士通

(6702.T)によると、京の技術をさらに向上させた新製品と

なる予定だそうで、製品名は「PRIMEHPC

(プライムエイチピーシー)FX10」、価格は約5000万円

との事です。富士通では今後、3年間で50システムの販売を

目指しています。



新登場となる富士通のスーパーコンピューター

「PRIMEHPC(プライムエイチピーシー)」は、

「京」の技術を発展させたモデルで、プロセッサから

ソフトウェアまですべて富士通が開発しています。地震や

気象現象の解析のほか、新エネルギー開発、新薬開発や

医療研究などで大いに需要があると見られています。

富士通では顧客の要望に応じて、導入しやすい筐体1台から

大規模な計算処理が実現できる1024台までラインアップ

がそろう充実ぶりで、官公庁はもとより、企業からも

多くの需要が獲得できそうです。



理化学研究所富士通で共同開発された次世代スパコン「京」が

世界一になった時は毎秒8162兆回の計算をこなしましたが

今月2日には目標としていた毎秒1京(京は1兆の1万倍)回を

超える計算速度を達成したと発表されており、名実ともに

「京」を実現したことになります。1京回突破はもちろん

世界初で、国家レベルの次世代技術開発や企業競争力の

強化に不可欠となっています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ロケットニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


秒刊SUNDAY_URL


----------PR----------



iPad2 QRコード アプリ お得 便利 口コミ 裏技


Excel 統計学 方法 計算 住宅ローン statistics


リッピング 地デジコピー 動画コピー ゲームコピー ROM エミュレーター


秋葉原の無差別通り魔事件が映画化

2008年6月、無差別殺人事件で秋葉原を震撼させた通り魔事件が

映画化されることになりました。



この映画のタイトルは「RIVER」に決定しており、映画「余命

1カ月の花嫁」などの作品で知られる廣木隆一監督です。

すでに撮影などが進行しているようで、来年の3月に全国公開

される予定となっています。



メガホンをとることになった廣木隆一監督は真摯に映画と

向き合って撮影をすすめ、撮影期間中に脚本を変更し、

東日本大震災で被災した地域も撮影場所として追加した

などというエピソードがすでに紹介されているようです。



2008年6月に発生した秋葉原通り魔事件は、全国的に報道され

「秋葉原無差別殺傷事件」として注目を浴びました。この事件の

おかげで秋葉原の歩行者天国はすべて中止となり、復活までに

長らく時間がかかったことは記憶に新しい出来事です。



この映画の主役を務めるのは、映画『転校生 −さよなら

あなた−』で主役を演じた蓮佛美沙子です。実際の

事件では、加藤智大という男性が犯人でしたが、この映画は

犯人を主人公に据えるのではなく、被害者の視点で事件を

見つめ直すという構成のようです。



また、被害者の遺族の感情や、社会に与える影響を

考えれば、犯人を主人公とした映画作りはまず考えられず、

こうした視点で事件をモチーフにすることになったのだと

考えられます。



ショッキングな事件を映像化しただけではない、奥行きのある

物語が繰り広げられ、見応えのある映画になっているようです。

また、事件の記憶を風化させず、社会問題としてふたたび

事件が取り上げられることは有意義なことだと思います。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ロケットニュース_URL


シネマトゥデイニュースURL


----------PR----------



免疫 仕組み 自己免疫疾患 アレルギー 1型糖尿病、関節リウマチ


ピグ アメゴールド 操作 裏技 隠しコマンド ゲーム 口コミ


ブルーレイ CD DVD 地デジ コピー 口コミ お得 裏技


日本のGoogle+は飛びぬけて投稿数が多い

早稲田大学の卒業生が立ち上げた技術ベンチャーとして有名な

「ユーザーローカル」はアクセス解析ツールを提供する

会社としても知られていますが、そのユーザーローカルが

Google+で人気の投稿や写真、動画、ニュース、発言を国別に

集計し、雑誌風にまとめたランキングサイト「Journal+」を

公開して話題となっています。



Journal+では、Googleがオープンしたソーシャルネットワーク

サービスの「Google+」で公開されている投稿を集計し、共有

された数が多い投稿、+1ボタンが押された数が多い投稿を分析後

どんな投稿がGoogle+で話題となってのかが分かるように工夫

されています。これらの投稿は国、または地域別に収集され、

それぞれの地域で注目が高い発言や写真、動画を閲覧する

ことができます。



すでに「Journal+」の公開時点で620万件の投稿、420万人分の

ユーザー情報を収集しており、ユーザーごとに共有された回数

の多い投稿、+1が押された回数をランキング形式で閲覧できる

画期的なシステムとして注目されています。



ユーザーローカルでは、独自調査による国別ユーザー数も

発表しています。発表によれば、居住地が判定できたユーザー

のうち日本のユーザーは約2%ですが、この数字はアメリカの

30%、インドの16%、イギリスの3%などに続き、世界で8番目に

多いということです。さらに、世界中のGoogle+の投稿のうち、

約17%が日本からの発信で、これはアメリカに次ぐ第2位と

なっています。ユーザー数に比べて、日本からの情報発信が

桁違いに多いことが分かります。



すでに先行して世界中で広まっているSNS「フェイスブック」は

日本では爆発的に普及することはありませんでした。実名登録

や複雑なユーザーインターフェイスがアーリーアダプター以外に

はとっつきづらいと感じられたのが主な理由と言われて

いますが、日本人にとって親しみやすい要素がふんだんに

取り入れられたGoogle+が、日本で親しまれているとしても

不思議ではありません。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



全国歴史スポット 古代史対策 近代日本史


全国歴史スポット 古代史対策 近代日本史


東海・東南海・南海地震 危険度 防災対策 立川、糸魚川-静岡構造線 断層


中国がiPhone5を先行販売?

コピー商品が事実上野放し状態になっている中国で、まだ発売

されていない米アップルの人気スマートフォン「iPhone5」が

発売され、飛ぶように売れているとのことです。



中国で発売されているiPhone5は当然ながら本物ではありません。

外観を模したコピー商品なわけですが、これはiPhone5が中国

でも生産委託されているため、何らかの不正により設計図が

外部に漏れ、形だけ模倣されて販売されたのではないかと

言われています。



この偽物は「hiPhone5(ハイフォーン5)と名付けられ、価格は

200〜1200元(約2400〜1万4400円)と格安で販売されています。

しかし実際に利用できる機能は通話とメール程度で、

タッチパネルの反応やディスプレイの解像度は極端に悪く、

インターネット接続もままならない様子です。



もはや手がつけられない中国のパクリ行為ですが、最近は

偽の「アップルストア」まで大量に発生していることが明らかに

なっており、自社製品の模倣に厳しい態度を取るアップルが、

中国共産党を相手にどういった態度を取るのか注目されて

います。



なお、偽アップルストアは中国国内だけではなく、世界中で

行われているようで、コスタリカやベネズエラ、コロンビア

などの南米地域でも偽アップルストアが営業中のようです。

これらの地域にある偽アップルストアがすべて

中国人の経営によるものかどうかはまだ明らかになって

いませんが、これほど大胆に偽物商売を継続できるのは、

知的所有権という概念がまったくない中国人以外に

ないとまで言われてしまっています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL
イザ!ニュースURL


----------PR----------



RPG ファンタジー ダンジョン 剣と魔法 攻略


Facebook フェイスブック 就職活動 ソーシャル 求人 活用


エクスぺリア XPERIA 裏技 お得 口コミ 活用


デフォルト直前のアメリカより金持ちの「アップル」

アメリカでは現在、米国債のデフォルトが大きな政治問題と

なっています。世界恐慌の引き金になり得るデフォルトの

回避に向けて綱渡りを続けている金欠のアメリカ政府ですが、

米Appleが保有する現金残高は、アメリカ政府のそれを

大きく上回っていると言われています。アメリカではいま、

iPadやiPhoneの好調な売れ行きで潤うアップルを

「スティーブ・ジョブズはアンクルサムより金持ちだ」と

一斉に報じているようです。



アメリカ財務省は、7月28日に現金残高が737億6800万ドルで

あることを発表しましたが、この発表とアップルの4〜6月期の

決算を比べてみると、アップルの6月末時点の手元現金残高は

758億7600万ドルで、アメリカ政府の現金残高よりも多いことが

明らかになってます。



もちろん、国家が運用する現金の残高と企業の現金残高を

比較しても、あまり意味のあることとは思えませんが、

それにしても国家の現金残高の比較対象となりえる、アップルの

驚異的な資金力はやはりすごいといえるのではないでしょうか。

米国政府が苦境に喘ぐのとは対照的に、アップルの絶好調ぶり

は余計に目立ってしまうのではないでしょうか。



アップルは過去に資金不足が原因で破綻しかけたという苦い

経験をしています。この経験から、アップルは現金保有に対して

保守的になる傾向があり、株主にとっては不満の種でも

あるようです。つねに「投資するか株主に還元すべきだ」という

批判にさらされているアップルですが、もしアメリカ政府が

デフォルトを敢行したら、アップルの潤沢な資産も紙くず

同然になってしまうかもしれません。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



Android アンドロイド アプリ プログラム 開発 SDK 作成


鉄道 ダイヤ 駅長 列車指令 スジ屋 保線員


Android アンドロイド Eclair Froyo root  便利 裏技 口コミ


Google+のユーザーが激増中

Googleが大々的にフィールドテストを開始している新しい

ソーシャルネットワークサービス「Google+」が、驚異的な

勢いでユーザー数を増やしています。まだまだテスト段階のため

正式なサービスではなく、ユーザー数はあくまでテスト参加者

という位置づけのはずですが、一部のテストユーザーからの

招待状によって参加できるシステムにもかかわらず、

あっという間に1000万人近いテスト参加者を集めたことから

世界的な関心を集めているのではないかと推測されます。



アメリカでフェイスブック向けのソーシャルアプリを

開発提供しているFamilyLinkのCSO(最高戦略責任者)を

務めているポール・アレン氏も、Google+のテストユーザー

の一人ですが、ポール・アレン氏が自身のGoogle+で

分析した結果によると、7月4日の時点では170万人だった参加者は

7月10日には730万人に達したとのことでした。とくに9〜10日に

かけての参加者の増加は激しく、一挙に220万人がアカウントを

作成したと推測されています。



また、このペースで参加者が増加していけば、サービススタート

から2週間後には1000万人を突破するのは確実で、Googleが

招待ボタンを削除しなければさらに1週間で2000万人に

達するだろうと予測しています。



ポール・アレン氏の調査方法とは、加入者の名字をアメリカの

国勢調査局の公開データに照らし合わせて分析するという

独特の手法で、サンプルとしてユーザーの名字を100〜200

ほど抽出し、その数を公開データと照らし合わせてアメリカ国内

のユーザー数を推測、さらにそこから世界中の参加者数を

推定するというものです。この手法でポール・アレン氏は

サービススタート時から詳細なデータを追跡していると語り、

かなり正確な推測であるとしています。



いずれGoogleから正式なユーザー数が発表されるとは思いますが

ここまでの時点で、ユーザー増加に対応しきれずにトラブルが

発生しています。少なくともGoogleが当初に予想した成長ぶりを

上回っていることは確かなようです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



司法書士 商業出版


出版 戦略


出版コーディネーター


レディー・ガガはいじめられていた

10日間の滞在も残りあとわずかとなってしまった世界的な

アーティスト、レディー・ガガですが、日本でもテレビや新聞の

取材がこぞって後をつけ回し、記事や話題のネタを探すほどの

人気ぶりとなっています。



レディー・ガガは1986年生まれのアメリカ人で、

ニューヨーク州のヨンカーズ市に生まれました。本名は

ステファニーというそうで、両親はイタリア系アメリカ人、

父親はIT関係の実業家で、裕福な家庭に生まれたそうです。

母親は教育熱心で、習い事として始めたピアノは4歳にして

聞き覚えの演奏ができるようになったそうで、このころから

音楽的な才能を発揮していたようです。



しかし、カトリック系の私立中学に入学してからは「いじめ」に

あっていたと告白しています。年間の学費は2万ドル、通っている

のはお金持ちの子供ばかりだったというその女子高で、

レディー・ガガは代わり物として扱われ、けっこうないじめを

受けていました。



ゴミ箱に投げ入れられ、帰宅途中の生徒たちに笑われながら、

自分も笑うしかなかった、などというエピソードも、すでに

ファンの間では知られているようです。この時期の

いじめについて、レディー・ガガは、「いつも神経質に

笑っていたし、涙をこらえて唇が震えていたのを覚えて

います」と告白しています。



ステファニーは変わった子供で、学校指定の靴ではなくて

お気に入りのスニーカーを履いて学校に通ったり、スカートの

竹を短くしたり、メイクや髪形に全力を注いだりもしていた

ようですが、その様子がクラスで煙たがられ、いじめに会って

しまったそうです。日本でも目立つ子供はいじめられますが、

非常に個性的なファッションで世界から注目される

レディー・ガガがいじめられっ子だったというのもなんとなく

うなずける話です。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


シネマトゥデイニュースURL


----------PR----------



メディアス MEDIAS ガラスマ 活用 アプリ 便利 お得 口コミ 裏技


社会福祉士 共通科目 対策 一問一答 参考書 テキスト わかりやすい


社会福祉士 専門科目 対策 一問一答 参考書 テキスト わかりやすい


Evernote エバーノート 仕事術 ビジネス 便利 裏技 クラウド


「AR」の技術がより実用的になる

スマートフォンの人気アプリ「セカイカメラ」に使われている

AR(拡張現実)技術の実用化がどんどん進んでおり、今では

さまざまな商品に応用されて登場しています。「セカイカメラ」

はAR技術を使ったユニークなアプリとして一躍注目を浴び

ましたが、AR技術は娯楽的な商品だけではなく、実用的な

商品にも応用され始めています。



なかでも、パイオニアが開発した、AR技術搭載のカーナビは、

非常に画期的で、自動車内からフロントガラス越しに撮影した

映像に、道路状況やルート案内を重ねて表示することが

可能で、さらに先行車両との車間距離、信号の変化なども

検知して的確な情報をドライバーに伝えることができるように

なりました。



現状では、スマートフォンなどの位置情報機能でカーナビの

機能は代用が可能となってきています。価格もどんどん下がって

いますが、パイオニアのAR機能搭載カーナビは5月下旬に

発売後、なかなかの人気を博しているようです。価格が25万円

前後と高額なのにもかかわらず、売れ筋ランキングの

ベストテン、注目ランキングのベスト3にランクインし、

ユーザーの注目を集めています。



カーナビ以外では、自動車のボルボが商品カタログに導入し、

平面で表現できなかった、商品の立体的なフォルムや、色合い

などをARで表現しています。



AR技術と聞いても、まだまだピンとこない人の方が多く、

活用の幅もこれからどんどん広がっていくのではないかと

期待されています。



こうした、ARの普及について、奈良先端科学技術大学院大学の

加藤博一教授は「理想的なARが実現にはこれから時間が

かかるが、スマートフォン等の携帯端末を利用した

情報サービスが次々と現れるはず。これまでなかった使い方も

でてくるので、使用ルールやマナーを社会の中で同時に

構築していく必要がある」とメディアに対してコメント

しています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



メディアス MEDIAS ガラスマ 活用 アプリ 便利 お得 口コミ 裏技


社会福祉士 共通科目 対策 一問一答 参考書 テキスト わかりやすい


社会福祉士 専門科目 対策 一問一答 参考書 テキスト わかりやすい


Evernote エバーノート 仕事術 ビジネス 便利 裏技 クラウド


東宝の新社長が就任会見

映画の製作配給メジャーとして知られる東宝に、新しい社長が

誕生しました。これまでの高井英幸社長に変わって、

専務取締役だった島谷能成氏が社長に就任します。就任記者会見

の席上で、新社長は今後の映画界の未来や、東日本大震災の

映画界に与える影響などについて語りました。



島谷氏は1975年に入社後、1979年には営業本部宣伝部に

所属して活躍してきた実力派で、『復活の日』『連合艦隊』

『ひめゆりの塔』『居酒屋兆治』などの宣伝を担当しました。

また、宣伝部後に移動した映画調整部では、『夜叉』

『四十七人の刺客』『模倣犯』などを担当しています。



会見では「映画業界で働いてきたが、退屈な思いを

したことがない」と仕事人生を振り返った島谷社長は、「企画

という言葉が大好き。考えただけでわくわくする。東宝を自由な

組織にして毎日色々な新しいアイデアが生まれる会社にしたい」

と今後の展望を語っています。



さらに東宝が抱える直近の課題として、全国のシネコンで

映写方式がフィルムからデジタルに変わっていることも

挙げたうえで、「作品の企画がどう変わっていくのか。

サッカーのワールドカップの試合や、AKB48の総選挙の様子を

中継上映したり、シネコンの使いかたも上映コンテンツも

変わっていく。それに応じた企画を作り出せるかが

中長期的な課題」と映画業界が迎えている転換期への

対応が急務だと語りました。



また、東日本大震災の影響については「夏場の計画停電や

節電はシミュレーションをしている最中だが、あまり大きな

変更なく興行を続けられるのでは」と展望を語っています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


シネマトゥデイニュースURL


----------PR----------



エクスぺリア XPERIA arc 活用 口コミ 裏技


Facebook フェイスブック ファンページ いいね! シェア 共有 SNS 使い方 入門


フェイスブック Facebook 使い方 わかりやすい


自炊 デジタル化 PDF化 スキャン 電子書籍 デジタル保存


社会福祉士国家試験 対策 過去問題 出現頻度


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。